Browse By

マンションの耐震補強にはお金がかかります

耐震補強で気になるのはやはり費用ではないでしょうか。もちろん安心できる場所を確保するためにはこうした補強工事も必要ですが、それにはお金もかかってしまいます。通常耐震診断の段階では補助がでるためほぼ無料で行える場合が多いようです。診断の段階ならそれほど負担にはならないでしょう。ただ問題はそこからです。比較的新しい建物の場合はそれほど補強も必要なく費用もあまりかからないかもしれませんが、古い建物の場合はかなり費用も必要になってくるでしょう。ただ診断をしてそれだけのものが必要という事がわかってるだけにやらないわけにはいかないでしょう。それまでの積立金ではまかないきれないような金額になることもあるためかなり大きな問題となってしまう事もあります。マンションの規模やどういった人が住んでいるのかなどいろいろな事が影響してくるでしょう。

マンションの耐震補強が必要とわかっていても

マンションの耐震補強を考える時、いろいろな事が頭をよぎるのではないでしょうか。まず耐震診断をしてもらわないといけませんが、それであまりよくない結果が出てしまったときは補強の必要に迫られることになります。診断自体はほとんどお金がかかることがないですが、補強になると大きな金額が必要になることも多いため二の足を踏んでしまう場合もあるようです。診断はしたものの補強をする費用がないという事もよくききますし、無駄に診断をしてもらったところでマンションの資産価値にも影響するためそれなら何も知らないままの方がいいのではという結論に至ることもあるでしょう。また耐震面で不安のある古い建物などは住んでいる人も高齢者が多いため費用の捻出に困る場合もあるようです。一筋縄ではいかないというのがマンションの耐震補強でしょう。

マンションの耐震補強のポイント

今回の熊本の震災では、マンションの倒壊などはなく、一軒家の倒壊やアパートなどの被害が多いようでした。住めなくなるということはあっても、倒壊するということはなかったようなので、倒壊による被害に対しては強いということがわかります。あとは、室内の家具によるけがなどで、この方が心配になります。そうなると、できるだけ揺れが少ないようにマンションも耐震補強が必要になります。とくに、都市部の直下型地震の場合には、今回の熊本よりも、建物も多くなるかもしれず、地震対策としても、マンションの耐震補強のチェックも必要になります。修繕積立金のなかにも、マンションの弱い部分の補強は非常に重要な項目ということがわかります。とくに建物のチェックは、定期的にしておき、事前に補強をしておく必要があります。築年数からの確認も必要です。

劣化診断など長期的視野に立ち付加価値を持たせるサービスを提供いたします。 ゼネコン出身のエンジニア集団が新築工事の経験をもとに工程から仕上げまでを把握しサービスを提供します。 創業30年超の信頼と実績。ビルやオフィス入居のリフォーム実績もございます。 設備機器はお好きなメーカーから選ぶことができます。 耐震診断・工事に関する情報がダウンロードできます。 マンションの耐震補強でリスク管理