Browse By

マンションの耐震補強で資産価値が変わる?

人が複数暮らしているようなマンションの場合は耐震補強にもしっかり気を配る必要があるでしょう。たいていはそこに住んだままの状態で工事を行う事が多いため、できる範囲も限られてしまうのではないでしょうか。建物の外側から補強する場合が多いです。ただその補強の仕方にも注意が必要でしょう。壁にそってやってもらえればいいですが、ベランダを遮るように補強されると困ってしまいます。日当たりなどもそうですが、住み心地にも影響しますしマンションの見た目もかなり変わってくるでしょう。確かに耐震補強することは大事ですが、それによって今までの生活に支障がでるようなやり方も困ります。またそれによっては建物の資産価値などにも影響してしまいますから、工事を行う時はどこらへんをどのように補強するのか、きっちりと内容を確認しておいた方がいいでしょう。

マンションの耐震補強1階を重点的にする

マンションの耐震補強をするといってもすべての部分を補強できるとは限りません。いろいろ事情もありますし、とりあえずという事もあるでしょう。例えばマンションの場合はやはり1階部分はしっかりと補強しておきたいのではないでしょうか。規模にもよりますが、やはりこのあたりはどうしても負荷がかかってしまいます。ロビーのあたりなどは特に重点的に補強しておくと安心でしょう。1階がしっかりとしていればそれだけでも全体的なダメージが少なくて済むこともあります。また逆に1階が崩れてしまうとそれによって建物全体がよくない方向に向かってしまうこともあります。もちろん建物全部を補強できるのがいいですが、とりあえず補強するならまずは1階のロビー付近になるでしょう。それをするだけでも気分的にかなり楽になるのではないでしょうか。

マンションの構造によって違う耐震補強

マンションの安全面を考えるとやはり耐震補強は必要になってくるでしょう。また同じマンションでも建物の構造によって耐震面に違いもあるようです。たとえばL字型のものや細長い形状だと地震には弱い構造といえそうです。またこのほかにも1階部分が駐車場になっていると支えるものが柱だけになるため耐震面で不安が残ります。マンションといってもそれぞれ構造によって違いがありますからその辺も考えて行う必要があるでしょう。自分が住んでいる場所がどういった構造になっているのか、地震に弱い構造ならやはり補強は早急に必要になるでしょう。またそうでなくても地震に対する備えがしておきたいですからある程度は必要になってくるのでないでしょうか。安心して過ごせる空間を確保するためにもできるだけの事はしておきたいと思うでしょう。一部分でいいですから何か少しはやっておきたいですね。