Browse By

マンションの耐震補強と建設会社のチェック

大震災は、忘れたころにやってくるということで、今回の熊本の震災も不意を突かれたという感じもします。これからも、日本のどこかで起こるはずで、それが東京や大阪の周辺で起こった場合には、地震の規模よりも、マンションやその他の建物の被害が心配になります。今回の震災の前に、建設会社の不祥事のニュースがありました。もし、それらの不祥事が起こっていて、今回の震災のようなことが起これば目も当てられません。命があれば、補償もしてもらえますが、大震災のようなことが起これば、自分や家族の命にもかかわります。また、築年数や建築基準の問題もあります。都会には古いマンションも多いからです。ですので、まずはマンションの診断をしてから、耐震補強を行うということで、自分や家族が住んでいる住まいは、大震災に対してどうなのかということを調べておく必要があります。

自分の所有するマンションの耐震補強を検討する

所有しているマンションに耐震補強を施すことは、重要なことではないでしょうか。それは、日本が地震の多い国だからです。地震は、いつ発生するか予想が難しい災害だと考えられます。地震予知研究センターであったり、地震予兆研究センターなどの様々な機関で、様々な方法を使って地震の発生を予想しようと研究を行っていますが、実際に地震の発生を完璧に予想することはできていないと考えられます。ですので、最近でも大きな地震が発生しましたが、災害を完璧に避けることはできず、大きな被害が発生してしまいました。その際には、たくさんの建物が倒壊してしまいました。もちろん、地震に対する対策はされていたと考えられますが、それでも足りない部分があったのではないでしょうか。ですので、再度自分の所有しているマンションの耐震状況を確認し、耐震補強について検討する必要はあるのではないでしょうか。

マンションの耐震補強と避難路の確保

自分たち家族が住んでいるマンションの地震対策としての耐震補強の必要性は、大きな地震の被害があるたびに体感で感じてしまいます。今回の熊本の震災も、そのひとつです。マンションの耐震補強の必要な建物はしなければならないということですが、どこかで必ずこれからも、大きな地震や津波などは起こるでしょうから、少なくとも、命だけは守る必要があります。そのためにも、自分の住んでいる住まいの耐震性などは、よく理解しておく必要があります。これは持ち家だろうと賃貸だろうと関係なく、地震の方でも選んでくれません。今いる建物で大きな地震などが起こった時にどうなるかということだけです。また、耐震補強は逃げるための時間稼ぎにもなります。規模が大きい場合もあり、その場合には、避難路の確保の時間だけでも倒壊しないようになっていると命が助かります。