Browse By

中古マンションを購入するなら耐震補強状態を確認

木造住宅に比べ、マンションは構造上強度が高く、築年数が経過していてもしっかりとしている物件がたくさんあります。ある程度の築年数の中古物件は価格が安くなっているので、非常にお買い得だと言えるかもしれません。しかし、中古物件を購入する際に注意しておきたいのが耐震性能です。築年数が経過しているマンションの場合、新しい耐震基準で建築されていない可能性があります。以前の基準のままだと耐震性能が乏しいので、中古物件を購入する際は、きちんと耐震補強が行われているか確認しておくようにしましょう。すでに耐震補強工事が行われている物件なら、築年数が長い物件でも安心です。反対にまだ工事が行われていない中古物件の場合は購入時に補強工事をしてもらうなどの対策が必要になってくるので、購入資金にも大きな影響が出るかもしれません。補強工事には相応の費用が発生するので、その点も踏まえて物件探しをするようにしましょう。

マンションに居ながら耐震補強

マンションの場合はそこにたくさんの人が住んでいますので、そこらへんも考えながら耐震補強を行う必要があるでしょう。たとえば引越しをしなければできないような工事だととりかかるまでに時間がかかってしまう事もあるからです。マンションの場合は住民の同意を得なければできない事があるため、するにしてもやり方をよく考えなければいけません。できるだけ手間を省くためにも引越しを伴うようなやり方はあまりしない方がいいでしょう。また引越しをしないで補強をするとなるとできる範囲も限られてしまいます。人が住んでいる状態で補強を行いますから、屋内に何かするというのは難しいのではないでしょうか。そのままの状態でするとなると、やはりマンションの外側を中心としたものになるでしょう。マンションの場合は現状を維持しながらできる範囲で耐震補強を行っていくことになりそうです。

マンションの耐震補強は必須

古いマンションほど、耐震補強がなされていないことがあります。地震が多くなってきたこともあり、耐震強化を高めることは必須です。築年数が相当経っているマンションは、すぐにでも耐震補強工事を行うことをお勧めします。通常、管理会社の方で手配を行うことになっています。費用がかかることから、なかなか工事を発注しないという管理会社もあるため、その場合にはマンションの住人が要望を出した方がいいかもしれません。きちんと耐震補強をしていないと、いざという時に困ることになるからです。この費用は管理費などから出るようになっています。もちろん、不足分などは管理会社の方で出すことになります。一度、行っておけば、後は数十年、行わなくてもいいようになるので、きちんとやっておくべきです。ただし、信頼できる業者に依頼することがポイントです。